第156回  天然の鎮痛物質?

 天然の鎮痛物質としてはオピウムが良く知られていますが、あまり「法」にうるさくない物質は無いのだろうか!?                              てな感じでゴー


 


 で、やっと見つけたのが


      「フェニルアラニン  Phenylalanine」


 です。


 しかし、この「フェニルアラニン」  聞き慣れないですねぇ。


 


 ん? そういえば「ダイエットコーラ」に入っていた様な・・・。


 で、確認してみると


 ありましたよ! 「L-フェニルアラニン」


 


 と、いうことは「ダイエットコーラ」で除痛可能!?


 


 所がそう簡単では無い「いたみ」の世界!


 


 「フェニルアラニン」でも当然*「ラセミ体(対掌体)」=「D体とL体」がある


*説明しにくいが左右の手とか靴とかをイメージすればわかりやすいかもしれない。 すなわち同じものであるが重ならない。この対を対掌体とかラセミ体とか光学・・・体とよぶ。


 


 で、どうやら「いたみ」に有効なのはD体である「D-フェニルアラニン」らしい。


 


 やはり「不思議」だ。


 何が不思議かと言うと


 「通常」「アミノ酸」の「D体」は利用されないと言う点です。


 


 話が逸れますがダイエット薬として


     「L-カルニチン」


 と言う「アミノ酸」を聞いた事はないでしょうか?


 ならば「当然」「D-カルニチン」もある(というか生成される)はずですが、先ほど述べた様に「通常」「アミノ酸」の「D体」は体内での利用価値がないので「D-カルニチン」を取り除いて「Lーカルニチン」と言う「形式」で売っています。


 


  話を戻しまして、どうして「オピウム(モルヒネ等)」が鎮痛薬になりうるか? ですが、「人間」の「脳」


が植物の成分を受け入れる為の「レセプター」をわざわざ用意している訳ではありません。 「オピウム」が「脳内」由来の「鎮痛物質」 


    「エンドルフィン」


に似ているので「レセプター」が間違えている! だけです。


 


 そこでこの  「D-フェニルアラニン」はこれらの「鎮痛物質」を「分解」する「酵素」を「阻害」する為、結果として「鎮痛物質」が「脳内」に増えて「いたみ」を感じにくくする!


 


 という「メカニズム」ですが重大な欠点が・・・


 


     どうやって「Dーフェニルアラニン」を入手するのか!?


 


 やはり問題山積みです。 (要調べ)


 


                  てな感じで今回もシリアスな話題だったので


 


 


  ~   そしてガンバランスdeダンス(go! go!)


                     そんでもってシリアスも⇒リラックス(プリッキュア~)      ~


 


 


 


 


で、ガンバランスdeダンス


 


 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック