第330回   今年終わり間際の悲しいNEWS

         今年も後三日というときに「悲劇」が国内、国外問わずに起きている模様です。  てな感じでゴー


 


   


  まず、国内ですが「エステ」で向精神薬が発売されていたという事。   


 


  向精神薬、エステ   でまたリタリンが問題を起こしたかと思えばリタリンではなくサノレックス(マジンドール)だった。


  痩せる薬と言う事で「販売」されたらしいが、大体サノレックス(マジンドール)で痩せると言う事も無いといっても過言では無いと思う。


 


  そもそも、サノレックス(マジンドール)はアッパー系薬剤なので覚せい剤にあるようなただ「食欲をなくすように思うだけ」の作用を利用しての体痩法なのだろうが、「薬」で痩せようなんて思わない方が間違いが無い。


 


  「人間」も「生物」の中の動物に属する事を忘れてはいけない。


 


  どんな時代でも「食べ物が無くて困る」事はあっても「食べ物がありすぎて困る」という時代は「生物」の進化上無いので人類のもつDNAから考えても「食べ過ぎ=太る」のは当たり前のこと。


 


  人間には様々な「ホルモン」があるがある一種類の「ホルモン」を除いてすべて「栄養を蓄える」方に働く(すい臓のランゲルハンス島α細胞の「グルカゴン」、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、その他ほとんどのホルモン)ある一種類が誰でも一度は聞いた事はあると思われる「インシュリン」です。(すい臓のランゲルハンス島Β細胞で作られる)


 


  薬でホルモンバランスだけは「いじらない」方が命の為だと言っておきたい。 (今、成長ホルモンも個人で容易に入手出来るが、冗談でも使ったらとんでもない事になりかねない事は想像できますか?)


 


  不可逆性の副作用が出たら危ないですよ。 その一番不可逆性の副作用が出やすいのは間違いなく「ホルモン製剤」ですから。


 


 


     次に国外のニュースではパキスタンで前大統領が暗殺されたというもの。


 


  パキスタンは国内情勢も悪い事もあるがどうも「暗殺」とは穏やかな話では無い。  狙撃した犯人は自爆してるし・・・。


 


  





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック