第525回  このブログもおかげさまで2年目を迎える事が出来ました\(^^\)

         丁度2年前の事ですね。 ブログ初めてみようって思ったのは。 しかも始めた日がかのPS3の発売日だったのも覚えています。 その頃はCRPS(RSD)の酷い痛みで頭はぼぉーっとしていましたし、殆ど記憶も忘れかけて、パソコンの事も、ワインの事も、薬の事も、音楽の事も全て知識が消え去ろうとしていました。 今の状態まで回復できたのもこのブログを通して皆様の力を頂いたからと心より感謝しております<(_ _*)>     それでは二年目の記事です。

 

 

 

     CRPS(RSD)になる原因について、諸事情もあり極力控えてきましたが、ある報告によると86例中16例(18.6%)が医原性との報告もあります。  

 

     CRPS(RSD)は極めて認知率が低く、あまり聞かない病気かも知れません。 おそらくその原因は上記の通り医原性。 つまり医療行為や医療補助行為でなる事があるのであまり公にしたくない部分があるのは否定出来ないと思います。 なので難病指定も厚生労働省に話を持ち上げてはいるものの認定したくないのでしょう。 

 

     では、どういう医療行為でCRPS(RSD)になる可能性があるのか、 それは下記URLの通りです。

 

 

      http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20060815C/

    

      

      



    そう。 点滴や採血。  これらの「針」が手・腕にある3大有髄神経(正中神経、橈骨神経、尺骨神経) を損傷しCRPS(RSD)を引き起こす可能性があるのです。  足ではカテーテルの「針」で足の有髄神経を損傷し発病に至る事も知られている事です。

 

    採血や点滴は今ではCRPS(RSD)の発症を未然に防ぐ為、ちゃんと知識のある病院なら手の甲から採血なり点滴処置をします。 (手の甲は血管が出にくく点滴や採血がやりにくいのは確かですが、温タオルで温めれば時間はかかりますが血管は出ます)

 

    おそらく、病院のコンビニエンス化が最も問題(やたらに採血し結果からしか病名判断出来ない、採血に時間を掛けられないので温タオルで温めている時間など無い等)なのでしょう。

 

    検査で採血したのにCRPS(RSD)などという極めて治療が難しい病気を誘発してしまうのでは、まったくをもって本末転倒です。 でも、対策をとっていない病院が今でも多数派である事は事実なのです。

 

    

 

     あまり、この事は触れたくは無いのですが、「針」には気を付けて下さいの一言です。

 

 

 

     今回は丁度2年目記事なのにつまらない記事で大変申し訳御座いませんでした。  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年02月08日 22:54
2周年おめでとうございます。

私は左ヒジに腱鞘炎を抱えており、年に数回は痛み止めの注射を打ちますが、はりぐすりがなくなると痛みがうずくんですよね。特に天気の悪い日は痛いです。

ネオ・アッキーさんの全快を願っております。
2012年02月08日 22:54
 ぴーすけ君さんnice!&コメント真にありがとう御座います!
2周年お祝いメッセージ真にありがとうございます<(_ _*)>  くだらない記事が多いですが(^_^;) これからもよろしくお願い致します。
2012年02月08日 22:54
2周年おめでとうございます。
医療行為で起こる病気でしたか~・・・。医者や厚生労働省は公にしたがらなさそうですね・・・。
2012年02月08日 22:54
こんにちは☆
ブログ2周年おめでとうございますo(´▽`*)/
2012年02月08日 22:54
ブログ2周年おめでとうございます(>▼<)
2012年02月08日 22:54
あと、ブログ2周年おめでとうございます。
2年で500以上の記事を書くなんて凄いですよ。
すごいガッツがある人なんだな~と思います。\(^o^))/
2012年02月08日 22:54
2周年おめでとうございます
だれでもなりそうで怖い病気ですね
2012年02月08日 22:54
2周年、おめでとうございます。
針ですか、病院にはかなりお世話になっているので
自分が今までCRPS(RSD)にならなかったのが不思議なくらいです。
検査に行って、病気になるなんて、運では済まされないですね。
たぶん、病気にされても病院側は責任を認めないでしょうしね。
患者も知識がないので、なんでだろう?と苦しむだけなんでしょうね。
私もネオ・アッキーさんのブログで初めて知りましたし、
もっとみなさんに知っていただきたいですね。


この記事へのトラックバック