第657回  新企画(11月2期目)

       その月に合うワインなりシャンパンを独断と偏見でその月の第一土曜日に紹介する企画記事です。

 

 

    今回はこれ

 

    シャトー勝沼(1).jpg

 

      意外かもしれませんが、シャトー勝沼のスパークリングワインの2009年の新酒です。 (ルージュの方は気にしないで下さい(^▽^;)  )

 

 

    シャトー勝沼(2).jpg

 

 

      シャンパン程発泡性は強くないです。  香りはとても新鮮な白ブドウのフレッシュな香りで味は初秋の頃食べた記憶のある様なデラウェアのブドウそのものでアルコール度はほとんど感じません。 どちらかというと甘口ですがソーテルヌの様にベッタリした甘さではなく、程よい甘さもまたこのスパークリングワインの特徴です。

 

    ブルーチーズと生ハムを用意しましたが、どちらもこのスパークリングワインにはとても良く合います。  ブルーチーズや生ハムの塩味がスパークリングワインの甘さとその奥深さを上手く引き出せる。  そんなマリアージュでした。

 

 

     国内産の新酒もボージョレヌーボー解禁されるまでに飲んでみると面白い発見があるかもしれません。

 

     ちなみに今年も僕のお薦めのボージョレヌーボーやはり「クリュ・ボージョレ(最上級のボージョレヌーボー」をお勧めします。  ボージョレヌーボーは最上級であっても価格差が下位の物と比べてもほとんど無い為お勧め出来ます。

 

   

 

    モルゴン村はクリュ・ボージョレを名乗れる生産地なのでお勧めです。 因みに、クリュ・ボージョレは10の村しか名乗る事が許されない(A.O.Cに基づいて) 最高級のボージョレ・ヌーボーとなります。  その10の村の名前は   Brouilly(ブルイイ)、Cbenas(シェナ)、Cbiroubles(シルーブル)、Cote de Brouilly(コート・ド・ブルイィ)、Fleurie(フルーリー)、Julienas(ジェリエナ)、Morgon(モルゴン)、Moulin-a-Vent(ムーラン・ナ・ヴァン)、Regnie(レニエ)、Saint-Amour(サン・タムール)  です。

 

    それでは今年も美味しいボージョレ・ヌーボーが飲めますように(^_^)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年02月08日 23:12
 takagakさん、いいだやさん、単騎さん、code-aさん、xml_xslさん、今造ROWINGTEAMさん、pianoさん、のろさん、lamerさん、朱殷さん、ホタルの館さん、kazukazuさん、mujinaさん、qoo2qooさん まとめてで大変申し訳御座いませんがnice!ありがとう御座いました!






2012年02月08日 23:12
勝沼のスパークリングワイン
飲んでみたいなぁ♪
2012年02月08日 23:12
こんばんは、ネオ・アッキーさん

毎回楽しみにしているワイン特集!
そうか!国内産の新酒はもう飲めるんですね
気がつかなかったな〜

毎年亡くなった父が
私を喜ばす為にボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーを赤白両方 予約して買ってくれていました
今年は1本だけ購入して父の仏壇の前で一緒に晩酌したいと思います
1本を独りで飲むと酔っぱらっちゃいますが・・・
2012年02月08日 23:12
イオンが発売する980円ペットボトルの
ボージョレ・ヌーボーはお試しになりますか?
是非、感想を聞きたいです。
やっぱ、味に期待は無理ですかね。

この記事へのトラックバック