第695回  新企画(2月第2期目)

      寒い日が続きますね。  さて、その月の第一土曜日に独断と偏見でワインなりシャンパーニュを紹介する企画記事です。  

 

 

   今月はこれ。

 

   ル・ボール・ドー メルロ (1).jpg

 

    ボルドーの当たり年といわれている2005年物で、 ル・ボール・ド メルロ  です。

 

  なんとなく気がついた方もいらっしゃると思いますが、ボルドーのワインには普通 シャトー○○ とつくのが一般的です。  このワインは比較的新しいワイナリーであるといえるでしょう。 栓もスクリューキャップ式ですし。

 

    ル・ボール・ドー メルロ (2).jpg

 

   では、このワインの魅力はどこにあるのでしょう?   それはボルドーでメルロー100%使用したワインだという所です。 一般的にボルドー産のワインは2種類以上ブドウの品種を混ぜる事が多いのですが(カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネフラン の三種類配合が最も多い) このワインはメルロー100%です。  フランス産はボルドーの100%メルローの味わいを知っておくには丁度良いのです。

 

  香りはとてもフルーティー。 味わいはフレッシュさがあり、果実味が感じられ、それでいながら強いインパクトを持ちあ合わせたワインです。

 

   今回、ワインとのマリアージュにはビーフシチューを合わせましたが、ルーを使わないビーフシチューの作り方を載せておきます。

 

   ①  ステーキ用の牛肉に塩、こしょうを両面に振りかける。

    ②    その肉を一口大に切る。

    ③    更に一口大に切った牛肉に小麦粉をまぶす。

    ④    小麦粉をまぶした一口大の牛肉を鍋にオリーブオイルを敷き良く炒める。

    ⑤  良く炒め上がったら、200mlの赤ワインとベーリーフ、セロリを入れ30分間中火で良く煮込む。

   ⑥  ドミグラスソース缶を加え更に適量の水を加え1時間30分煮込む。

    ⑦   野菜(玉ねぎ、にんじん)はフライパンでバターを用いて炒めておく。  ブロッコリーは別途茹でておく。

   ⑧  ⑥で1時間30分煮込んだら⑦の野菜とジャガイモを加えもう10分程煮込む。

    ⑨  皿に盛りつけ、完成。

 

   

     寒い日にはビーフシチューはいいですよね。 赤ワインとの相性も良いですし。

 

 

   今回はワインの話の他に料理の話まで入ってしまいましたが、寒い時期は赤ワインは常温で飲めるので是非赤ワインを飲む事をお勧め致します。

 

   





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年02月08日 23:16
 ぴーすけ君さんnice!&コメント真にありがとう御座います!
これまたビーフシチューありがとう御座いますm(_ _)m

2012年02月08日 23:16
ビーフシチュー、美味しそうです♪
2012年02月08日 23:16
ご訪問ありがとうございましたo(´▽`*)/
ビーフシチュー、美味しそうですね(@ ̄¬ ̄@) ジュルジュル
まだ飲めませんが、ワイン、素敵ですね★
2012年02月08日 23:16
ビーフシチューを作って赤ワインを飲むいいですね
メルローはけっこう好きです
昨日はカルフォルニアを飲んでました。
カルフォルニアとかフランスとか区別はいらない感じがしました
2012年02月08日 23:16
赤ワインとビーフシチュー、いいですね♪

2012年02月08日 23:16
ビーフシチューにワイン!!
いいですよねぇ~(^¬^)
2012年02月08日 23:16
早速、訪問ありがとうございました♪♪

この記事へのトラックバック