スター☆トゥインクルプリキュア 第14話

今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;) それでは、スター☆トゥインクルプリキュア 第14回「笑顔deパーティ!家族のソンリッサ☆」 を観た感想です。








                              アバンタイトルは、星奈ひかるが自己紹介しているところ。 期間限定のスタードーナツを買うひかる達。 えれなを誘って、ロケットでお茶にしようと、えれなのお店に寄るが、えれなの父親カルロスが配達から、帰ってきた。








                               れいな、たくと、いくと、あんなもご挨拶してとえれなは言う。 「オラ」 「オラって」「こんにちはって意味」 えれなの母親かえでも帰ってくる。 えれながひかる達のことをよく話すので、初めて会った気がしないという。 そして上がって上がってと言う。 「グランシアス セニョリータ達」「グランシアス?」「グランシアスはありがとう、セニョリータはお嬢さん達という意味よ」「ママは通訳なんだ」「通訳って何ルン?」「お互いの異なる言葉を訳すお仕事です」      出会いはメキシコ、仕事で、出会ったらしい。 そして結婚、えれなが生まれ、とうまがれいなが、たくとといくと、そしてあんなが生まれた。 ボクの大切な家族、家族のみんなのSONRISA 「笑顔って意味ね」「そう、家族みんなの笑顔がボクの宝物なんだ」 今度の休みパーティをやるから来ておくれというカルロス。 でもとうまは、浮かない顔をしていた。 最近、とうまの笑顔を観ていないというえれな。 えれなはとうまにどうして、パパとママにあんな態度とるの? と聞く。 「うちの家族は普通じゃないの?」 ととうまは聞く。 友達と両親に会った時、とうまのお父さんと母さん、手つないで踊ってる、凄いなと言われ、気にしているらしい。 そして、パーティー当日、とうまは、パーティなんかやりたくない、そういうのがやななんだ、ボクは普通の家がよかった、こんな家、大嫌い、パパもママも大嫌いだ! と言って出て行ってしまう。  とうまを探しに出かける、カルロス、えれなやひかる達。                                       






                               みんなでとうまを探す。 ララがとうまを見つける。 ララが転んでしまう。 それをみて、ララを助けるとうま。 「みんなが心配してるルン、一緒に帰るルン」「ルンってなに?」「ルン?」「さっきからずっとなんとかルンって言っている」「ルンはルンルン、私の星・・・ じゃなくて国ではみんなこういうルン」「姉さん外国の人?」「そうルン、サマーンから来たルン」「サマーンなんて国聞いたこと無い」「ずっと遠いところにある国ルン」「ねぇ、サマーンでは、お母さんとお父さん、手つないだり、踊ったりする?」「手はつながないけど、触覚はつなぐルン」「そして触覚ダンスをするルン」「変なの」「今までいろんな星・・・ じゃなくて、国を旅してきたルン、みんな違ったルン、でも、みんな変じゃないルン」  そんな時、ノットレイダーのテンジョウが現れる。 えれなは、スターカラーペンダトが音がなり、さそり座のプリンセスカラーペンが近くにあると探す。  「ダークネスト様から頂いた新しい力、見せてあげるよ」「こまちゃんたち」「ノットレ~イ」 あおれ うちわよ! ふくれろ ゆがんだ イマジネーション 「オヨ~」「巨大化したでプルンス」 「私の力よく見といて」 「ララ」「とうまが・・・」「あれが」「とうま」「とうま、どうして」「とうま」「みんな」「うん」「今助けるよ」  <<スターカラーペンダント!>> カラーチャージ! ♪「キラめく星の力で」「あこがれのわたし えがくよ」「トゥインクル トゥインクル プリキュア」「トゥインクル トゥインクル プリキュア」「トゥインクル トゥインクル プリキュア」「スタートゥインクル」「スター☆トゥインクルプリキュア」 宇宙に輝くキラキラ星! キュアスター! 天にあまねくミルキーウェイ! キュアミルキー! 宇宙を照らす! 灼熱のきらめき! キュアソレイユ! 夜空に輝く! 神秘の月あかり! キュアセレーネ! スター☆トゥインクルプリキュア!  ちょっと宇宙に出たらこんなのまで手に入れちゃった。 とさそり座のプリンセスカラーペンダントを見せるテンジョウ。 「ノットレイの勢いをとめなくちゃ」「ここはわたくしが!」 セレーネアロー! ミルキー・・・ ノットレイ! 「普通が、普通の家がよかったんだ」「わかるよ、とうまの気持ち、わたしも小さい頃、家の家族が普通と違うのかなって思ったことがあったから。 でも、あたしは、笑顔で一杯の家の家族が大好き、パパやママやれいな、たくと、いくと、あんな、それからとうま、大好きだよ」 スターの攻撃によって、テンジョウからプリンセスカラーペンが離れる。 それをソレイユに・・・   ソレイユ、今でプルンス!  プリキュア! さそり座! ソレイユシュート!  「みんな!」「うん」  宇宙に輝け! イマジネーションの力! トゥインクルステッキ! スター☆トゥインクル! ミルキー☆トゥインクル! ソレイユ☆トゥインクル! セレーネ☆トゥインクル! 4つの輝きを今ひとつに! プリキュア! サザンクロスショット! でとうまを元に戻す。 フワ・・・ さそり座フワ~ フ~ワ~!  星の輝き! もどるフワ~! 「ありがとう、心より感謝します、プリキュア」「さそり座のプリンセス、無事でよかったでプルンス」 「あぁ、よかった」「姉ちゃん」「ルン」「帰ろう、みんな待ってる」 「パパ、ママごめんなさい」「心配したよ」「笑ってとうま、笑顔」「さぁ、パーティだ」「お姉ちゃん、ボクも家の家族が大好きだ」 プルンスがつまみぐいするが、それは、激辛のハラペーニョだった・・・                                                 





                               両親が、ダンスを踊っている姿を見て、お友達に「変わっている」と言われ、ショックを受け、悩むえれなの弟、とうま君。 ララと出会って、徐々に心も解けていきましたね。 宇宙では、仲良しは触覚ダンスをするとは、面白い発想でしたね。 敵にのっとられた、とうま君を助けるプリキュア達、姉のえれなの説得に感動しましたね。 おかげで、さそり座のプリンセスカラーペンダントがゲットできました。 最後のシーンで、プルンスが食べた、ハラペーニョ、メキシコの激辛料理のつまみぐいには、笑いを誘いましたね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック