ヒーリングっど♥プリキュア おさらいセレクション 第3話「キュアフォンテーヌ」

今日は、母の日ですね。 しかし、今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)



    今回も、新型コロナウイルスの影響で、おさらいセレクションになります。



      それでは、ヒーリングっど♥プリキュア おさらいセレクション 第3話「キュアフォンテーヌ」 を観た感想です。





                           アバンタイトルは、のどかがウォーキングに出かけたところ。 一方敵側は、シンドイーネが、どんどん地球をむしばんで、キングビョーゲン様を元に戻してあげるわと言う。                                                                                                                        






                          学校では、森林公園で怪物が出たと話題になっていた。 のどかは知らないと言うが、ちゆは始業式の日、もう一度学校に来ていたでしょうという。 ちゆはのどかのことを怪しむ。 ペギタンにラテ様を願いして、パートナーを探しに行くニャトラン。 ニャトランはかわいい猫ちゃんと言われる。 そんな時ラテ様が行方不明になる。 ラテは学校にやって来ていた。 ラテを偶然みつけるちゆ。 お昼ご飯をたべていたのどかとラビリンの元にちゆがやってきて、この子犬、花寺さんのでしょうと言われる。「どうしてうちの子だとわかったの?」「怪物がでた後、学校で見かけたから」「さっきはどうして、学校にきていないなんて言ったの? あの時いた不思議なペンギンさんやうさぎさんと関係ある?」のどかは、ちょっと珍しいペンギンとウサギを飼っているのと誤魔化す。 ラテ様がいなくなっちゃったペエとペギタンが来るが、あの人が助けてくれたラビという。 とりあえず学校であずかってもらえないか相談しましょうというちゆ。 今度は、不思議なペンギンさんやうさぎさんに合わせてねという、 沢泉ちゆにラテと一緒にちゆの実家の温泉旅館へ案内される。 ペット用の温泉から、日帰り入浴も可能だから、ご家族と来てねという。 沢泉さんは、この温泉旅館が好きなんだねとのどかは言う。 ラテ様は、まだお水が怖いらしく、温泉には、まだ入れない。 ラビリン達は入る。 ペギタンは、パートナーも見つかっていないし、ラテ様の面倒もみれないと落ち込んでいた。   そんな時、シンドイーネが。「進化しなさいナノビョーゲン」 で温泉が病気にされてしまい、メガビョーゲンを召還する。 ラテ様が具合が悪くなったので、診察すると、温かいお水が泣いているラテという。 温泉旅館では、お湯の手触りが変わったという。 川井さんが源泉を確認に行くというので、ちゆもついて行くことに。                                          







                              また、あの怪物、お嬢さんが学校でみたというのはあれか・・・ 川井さんはメガビョーゲンに攻撃されて気を失ってしまう。 「いた、メガビョーゲン」「のどか、大丈夫ラビ?」「うん いこう」  <<スタート! プリキュアオペレーション!>> エレメントレベル上昇ラピ! キュアタッチ!「キュン!」「キュン!」重なる二つの花 キュアグレース! ラビ!  「花・・・寺・・・さん?」 「しゃべるうさぎさんたちは見間違いじゃなかった、じゃぁ学校の怪物も花寺さんが・・・ 凄い」 私に出来ることはないの? もしかして・・・ 「ねぇ、ペンギンさん、もしかしてああやって戦えるんじゃない?」「出来るのね、じゃぁ私にも手伝わせて、お願い」「無理ぺエ」「どうして」「自信ないペエ」「ラビリンでも苦戦してるのに、こんなボクじゃ君を危ない目に遭わせるだけペエ」「どうしても守りたいの」「あなたは?」「守りたいペエ」「私はあなたより大きいから、少しは力になれると思う、もし勇気が足りないなら、わたしのを分けてあげる、大丈夫よ、私がいるわ」「わたしはちゆ、あなたは」「ボクはペギタン」 「ちゆ、この水のボトルをヒーリングステッキにセットするペエ」  「わかったわ」  <<スタート! プリキュアオペレーション!>> エレメントレベル上昇ペエ! キュアタッチ!「キュン!」「キュン!」 交わる二つの流れ キュアフォンテーヌ! ペエ! 「ちょっと、プリキュアって一人じゃないの?」 フォンテーヌ肉球にタッチするペエ 「キュン!」 キュアスキャン! 「あそこにとじこめられている水のエレメントさんを助けるペエ」「わかったわ」「今だよ、フォンテーヌ」  メガビョーゲンを浄化するペエ   エレメントチャージ! 「キュン! キュン! キュン!」 ヒーリングゲージ上昇! プリキュア・ヒーリングストリーム! ヒーリングッバーイ・・・ お大事に   これで、自然の声を聞けばいいのね 「体調はどうペエ」「ありがとうみなさん、ここの温泉はもう大丈夫です」「ラテ様まだ元気が戻らないラビ」「私の力を分けてあげてください、お嬢さん、その水のエレメントボトルを」「これをラテさまの首輪に」 じゃぁなんともなかったのね。 お湯の手触りも大丈夫だったみたい。 「ペギタンありがとう、わたしの大切なものを守れたのはあなたのおかげよ」「ボクの方こそちゆがいたから頑張れたペエ」「ねえ、ペギタンよかったら私の家に住まない?」「いいのペエ」「のどかも沢山かくまうのも大変でしょ」「だめ?」「ありがとうちゆちゃん」 ニャトランは一人でパートナー探しをしていたが、収穫ゼロ・・・ ペギタンにパートナーが出来て、驚くニャトラン                                                               






                           学校に逃げて来た、ラテ様とヒーリングアニマルの存在がちゆにバレてしまい、ハラハラしましたが、そこはしっかり者のちゆ、家に招待します(温泉旅館)その温泉は、ペットも入れるようになっていたからのようです。 パートナーを探していたペギタンは、ひくつになっていたのに、ちゆに勇気をわけてもらい、二人目のプリキュア(キュアフォンテーヌ)のパートナーになることが出来ました。 運動が出来て強いちゆ(キュアフォンテーヌ)と自信喪失していたペギタンとの出会いは、心がキュンとした瞬間でした。 ちゆのお母さんの職業が温泉旅館の女将という設定も新鮮な感じでした。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント