トロピカル~ジュ!プリキュア 第7話

今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)



  それでは、トロピカル~ジュ!プリキュア 第7回「やってくる!海の妖精くるるん!」 を観た感想です。





                         アバンタイトルは、夏海まなつが自己紹介しているところ。 部活始める前に、あすか先輩がみんなと一緒に、ジョキングをしているところ。 さんごとみのりはついていくのが大変そうだった・・・ そもそも。トロピカる部って運動部だったっけ・・・ とさんごとみのりん先輩は言う。 そんな時、やってきた砂浜で、変わった生き物を、あすか先輩が見つける。 ローラは、あなたくるるんじゃないと言う。                                                                                                                    




                         ええ~、女王様のペット・・・ 流石、人魚の女王様、ペットがあざらしだなんて・・・ あざらしではないわ、くるるんはこう見えても、海の妖精なのよ! とローラは言う。 くるるん、何かうったえているみたいだな・・・  ローラ、くるるんはなんて言ってるの? わたしに会えて光栄だって・・・ あれ? 違うみたいだね・・・ ローラちゃんかわいいって あれ? やっぱり違うみたい・・・ もしかして、言っていることわからないのか? う、うるさいわね・・・ でも、わたしに会えて光栄に思わない訳無いから、間違ってはいないはずよとローラは言う。 みのりん先輩はくるるんはお腹がすいているんじゃない・・・ ねぇ、ローラ、海の妖精って何を食べるの? あー くるるんの食事は、貝がらクッキーよ、貝がらクッキーなら、わたしの冷蔵庫にたくさんあるから、今、用意するわ・・・ とローラは言う。  はい、これが貝がらクッキーよ、ほら、くるるん、お食べなさい。 くるる~ん、と貝がらクッキーを食べるくるるん。 わぁ、本当だ、くるるんはお腹が空いていたんだね。 みのりん先輩、なんでくるるんの言葉がわかったの? 言葉はわからない、でもくるるんは遠い海の底から、長い旅をしてきたでしょ、だから・・・ なるほど・・・ でも、どうしてくるるんは、浜辺に打ち上げられていたんだろう? このあたりの海流に巻き込まれてしまったんだと思う・・・ ローラへのお届け物の途中で・・・ とみのりん先輩は言う。 届け物? 女王様から? へぇ、何だろう? それはどこにあるの? とさんごは聞くが、くるるんは落としてしまったらしい・・・  一方敵側は、バトラーが、グランオーシャンの女王が、人間の世界に、使いを送ったみたようです。 我々に悟られない様に、小さな妖精を使ったようですが、この・執事・バトラーにはすべてお見通しです。 聞いています? リトル・エルダさん  さんづけはやめてって言ってるでしょ、バトラー、エルダ、まだ子供だもん・・・ エルダちゃんと呼んでくれなきゃイヤ 大人扱いなんて失礼しちゃうわ  これは失敬、では、エルダちゃん・・・ 何? グランオーシャンの女王が、使いに何か預け、人間の世界に届けたと思われます。 地上に行き、品物を奪ってきて下さい。 え~ やだぁ、エルダ子供だから責任のあるお仕事とかしたくない・・・ では、こうしましょう、とってきてくれたらお駄賃をさしあげますよ。 え、お駄賃、やった~ じゃぁ行く~ 行ってきま~す えびょびょ~ん!   一方、まなつたちは海岸で、くるるんが持ってきた物を探していた。 くるるんは、女王様から、何をあずかってきたんだ? わかった玉手箱とか? 浦島太郎に出てくるあれか? ローラをおばあさんにしてどうするんだよ・・・ とあすか先輩は言う。 あなたたち鈍いわね。 くるるんがわたしに届けにきたのは、プリキュアのパワーアップアイテムよ・・・ という。 そして、、みんな、くるるんの届け物を探し続ける。 その中、みのりん先輩は、林の中へ行く。 そして、みんなが中々、無くした届け物が見つからない時、みのりん先輩は、落とし物ってこれ!?とみのりん先輩が持って来る。 よろこんでいる、ってことは、それが落とし物? どこにあったの? 木の枝に引っかかってた。 えっ、なんでそんな所に・・・ おそらくはこういうこと・・・ 女王様の元を旅立ったくるるんは、激しい海流で、つつみを落としてしまったの 浜に打ち上げられた大事なつつみは、親切な通りすがりの人に拾われ、安全な防風林の枝にかけられた、落とした人が見つけやすい様にね・・・ とみのりん先輩は言う。 あなた、はじめからそれがわかっていたの? とローラは聞く。 うん。 どうして、しいていえば、想像力、本を読んでいれば身につく そういうもんなの? ええ。 本には、自分と違う色々な考えや、誰かの気持ちが書いてある それで、他の人が何を求めているのか、想像出来るようになる・・・ くるるんがお腹を空かせていたのがわかったのも・・・ 同じ、想像したの  なかなかやるわね・・・ とローラはいう。  そんな時、じゃぁ、これから起こることもわかる・・・? とエルダが現れる。 ふふふ、探しモノ、みーつけた。 そのつつみ、ちょーだい! と言う。                                                                                                           





                            あなたは、あとまわしの魔女の使いね・・・ そう、エルダちゃんよ、そこにあるグランオーシャンの贈り物をもらいに来たの  はぁ?あなたなんかにあげるわけないでしょ、これは子供のおもちゃじゃないのよ、シッシ! そんなことをいわれたら子供は余計欲しくなるのよ  クーッ! こうなったら、遊ぼう ヤラネーダ!  ヤラネーダ! 出たわね、へなちょこモンスター・・・ くるるん・・・ さぁ、ヤラネーダ、あのつつみを奪っちゃって! ヤラネダ!  みのりん先輩、大丈夫ですか? 遅いじゃない早く早く! とローラは言う。  みんな いくよ! うん!   <<プリキュア!トロピカルチェンジ!>> レッツメイク!キャッチ! チーク! アイズ! ヘアー! リップ! ドレス! ときめく常夏! キュアサマー! きらめく宝石! キュアコーラル! ひらめく果実! キュアパパイア! はためく翼! キュアフラミンゴ! はぁー! 今日も元気だ! トロピカル~ジュ!プリキュア!  うわ~ やる気があってやな感じ、ヤラネーダ、あんなのやっつけちゃえ!   う~ん、あのヤラネーダ、結構手強そうね。 人魚と妖精見っけ、さぁ、無駄な抵抗は止めて、そのつつみを、エルダちゃんにちょーだい  ダメに決まってるでしょ、あきらめておとなしく帰りなさい  やーよ、だって、それもって帰らないと、お駄賃もらえないもん、くれないと駄々こねるわよ  こねなさいよ! わー わー 頂戴 頂戴 頂戴 頂戴  絶対あげない・・・  そっちがそういう態度なら、もう手加減しないから! あんたみたいな人魚からモノを奪うくらい簡単なんだから!  エルダちゃんだっけそれ以上近づくと痛い目にあうわよ  えっ  このパワーアップアイテムの力を使ってね。  一方、キュアサマー達は、ヤラネーダの攻撃に苦戦していた。 そこへ、キュアパパイアが、、みんなわたしに考えがあるわ・・・ と言う。  そして、エルダとローラの方は、さぁ、とくとみなさい パワーアップですって・・・ そう、これがパワーアップアイテムの力よ! さぁ~ とつつみをとると・・・ うわぁ~ やられる  あれっ、でか。重くはないけど・・・ 何よこれ、グランオーシャンの美味しいお菓子じゃないの、どうなってるのよ! くるるん・・・   ギャハハハ、どこがパワーアップアイテムなのよ、ただのお菓子じゃない、おっかしいんだ~ ぷっぷ~  まぁ、いいやぁ、それ持って帰ればお駄賃もらえるし、お菓子もだ~いすきだし・・・ やっぱり、ぜーんぶ奪いとっちゃおう。 あんたたちもついでにやっつけてやる!  プリキュア達は、ヤラネーダをロープで巻いて、投げ飛ばし、その先にエルダの方に飛んでいってしまった・・・  ローラ無事? 当たり前でしょ! これから、大逆転するところだったの  ちょっと、ヤラネーダ何やられてるのよ・・・ ヤラネダ・・・  あれ、ローラ、それ何? えっ、これは・・・  お菓子みたいだけど・・・  えっと、これはね・・・ 残念で~した それは、パワーアップアイテムじゃなくて、ただのお菓子! ヤラネダー  えっ、女王様の贈り物はお菓子だったの?  そ、そうですけど、何か?  わかったら、さっさとエルダちゃんにとっとと明け渡しなさいよ!  ただのお菓子じゃない、これは、きっと人魚の女王様が、ローラの為を思って用意した贈り物。 パワーアップアイテムじゃないかもしれないけれど、とても大事なものよ・・・ とキュアパパイアは言う。 へぇ、だったら何なの? だから、このお菓子は、あなたには渡さない!  ハートルージュロッド! プワ~ン プリキュア! ぱんぱかパパイヤショット! ビクトリー! で、ヤラネーダを浄化!  やったね! パパイア!  美味しそうなお菓子だね~ みんなグランオーシャン自慢の、銘菓なのよ  それにしても、女王様は、くるるんに、お菓子を届けさせたのかな・・・? ローラをねぎらうためだと思う。 慣れ親しんだグランオーシャンのお菓子をローラに食べさせたかったんじゃないかな? とみのりん先輩は言う。 まぁ、折角送ってくれたんだし、ありがたくいっただきま~す! くるるん! ぽちっ 何これ、シャボンピクチャーだわ、アクアポットってこんな使い方があったのね  写真みたい 面白いな  いえいねぇ、トロピカってる! ねぇ、くるるん、わたしにもやらせてよ くるるん! 撮るよ~ はい、みんな笑顔で! いくよ~ おぉ、入っちゃった・・・ こうして保存が出来るのね すごいねアクアポット  さよなら、くるるん、女王様にお菓子おいしかったって伝えて、それと、プリキュアも4人見つかったって、もちろんわたしがしっかりまとめてます・・・ てのも忘れずにね  また、遊びにきなよ くるるん くるるん えっ、なに?アクアポットがどうかしたの?  くるるん! あなた、もしかして、このまま、ここにいる気? くるるん! ローラも、くるるんの気持ちがわかるようになったみたいね。 えっ! よろしく、くるるん! はぁ?  くるるん! まったく  (女王様、わたし元気にやってるから)                                                                            





                             グランオーシャンの女王の派遣した、かわいい妖精のくるるんと、あとまわしの魔女の召使いのバトラーが派遣した、嫌味な女の子、エルダ。 対照的な感じが面白く思った、良い子達も多かったのでは? くるるんの無くした、ピンク色のつつみが、パワーアップアイテムで、バズーカー砲とは、物騒な感じでしたが、ただのお菓子だったとは、想定外・・・。 でも、みんなで食べられて一軒落着。 みのりん先輩の、日頃の読書の経験が、つつみを見つけたりと、功を奏していましたね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント