第483回  日本で本格鴨フレンチ料理!

         まだ、少し暑さはあるものの、セミに変わって夜からは秋の虫達の声が聞こえてくるそんな日になってきました。 前回はパリのミシュラン2ッ星の記事でした。  日本では最近ですが本格鴨料理フレンチが食べられる場所が出来ました。   てな感じでゴー

 

     昔、(今も変わらずというところですが・・・) 日本で最も格式高いフレンチレストランといえば、東京の有楽町にあるソニービル地下の「マキシム・ド・パリ」 でした。  勿論本店はパリにあります。 このお店はミシュラン争いから一切手を切ったレストランとしても有名です。

 

          Sonyビル.jpg

 

     そこで最近、ホテルニューオータニ内に元パリ ミッシュラン3ッ星の鴨料理で有名なトーゥル ダルジャンがあります。

 

     URL: http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/tour/index.html

 

 

    日本でも本場のパリの味が味わえる事には、日本も食の文化がフランスに認められている証でもあり、実に喜ばしいことです。  その一方で「食育」が問題化している日本。  また事故米を流通させた事・・・。  「格差社会」が生み出した後遺症と言う他どの言葉が当てはまるのだろう?  あれだけ「平等! 平等!」 と人間、いや生物なら「平に等しい」事など無いのにそれを分かっていたかの節があるように「教育」した責任。  その矛盾点も「私はあなたと違う」で切り抜けてしまうのだろう。 これが「平等」という日本の真意なのかもしれない。

 

 

       と言う訳で「平に等しい・・・  そんな生物はいない事位分かっているだろうに」

 

 

 

           ~      そんでもってネガティブも⇒リラックス          ~

 

 

 

 




で、ガンバランスdeダンス





" 第483回  日本で本格鴨フレンチ料理!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント