ヒーリングっど♥プリキュア 第13回

今日は日曜日なので、日曜日恒例の記事になります(^_^;)



      それでは、ヒーリングっど♥プリキュア 第13回「辞める?辞めない?迷えるひなた」 を観た感想です。




       

                            アバンタイトルは、花寺のどかとラビリンが自己紹介しているところ。 地球さん、今日はおかげいかがですか? ラテをひなたの家のアニマルクリニックに連れていく。 今度はひなたのお父さん(輝彦)が診察する。 ひなたのお姉さんはトリミングをおこなったりカフェを運営しているらしい。 ひなたは、みんななんでも出来ちゃうんだよね。 私なんて、プリキュアも辞めそうなのに・・・ とため息をつく。                                                                                





                            キングビョーゲンが、初出撃は楽しめたそうだなと言う。 バテテモーダを連れて出撃するグアイワル。  ニャトランは、プリキュア辞めるってどういうことニャと言う。 ひなたは、辞めるとは言ってないし、ただちょっと考えちゃったと言う。 あんなにめちゃめちゃ苦労して、めちゃめちゃ頑張って、やっとめっちゃめっちゃ強いメガビョーゲン浄化して、やったーって思ったのに、もっと強いの増えちゃうなんて、なんか頑張る意味があるのかなとか思っちゃって・・・ あるに決まってんだろ、俺はひなたがいないとお手当出来ないだぜ? ニャトランは心配するが、今すぐ辞めるという話じゃないし・・・ と言う。 そのジュースどうとひなたは言う。 美味しいよ、いつもの味とは少し違う感じだけれどとちゆはいう。 するとひなたは、ほら、ほらね、お姉の味には届かないんだよ、あたしが作ると・・・ と言う。 小さい頃からダンスもピアノも何やってもお兄のように出来ないのと言う。 なにやっても全部だめ、だから続かないのと言う。 ニャトランはひなたがダメだなんて思ったことなんて・・・ と言うが、ちゆは結果がともなわないと自分のやっていることに迷いが生まれると言う。 ニャトランは心配するが、ひなたは今すぐ辞めるって話じゃないしと言う。  一方グアイワルは、バテテモーダーにこういうやり方もあるということを教えてやると言って、進化しろ、ナノビョーゲンで、メガビョーゲンを生み出す。  ラテの具合が悪くなる。 でも、どこを探してもメガビョーゲンが見つからない。 そんな時、町中で静電気が発生する事件が起きていた。 ひなたはあきらめモードになるが、小さな女の子がひなたのお姉ちゃん(めい)が大変だと、伝えに来る。                                                                                                  





                            ひなた達は、めいさんのカフェワゴンのところに行く。 めいさんは危ないから触っちゃだめと言う。 そのうち静電気はおさまるから・・・ のどかは、あきらめずにメガビョーゲンを探そう、めいさんを助けるだよ、ひなたにのどかはひなたの作ったジュース美味しかったよと言う。 お姉さんの作ったジュースとは違ったかも知れないけれど、ひなたちゃんが作ってくれたと聞いて嬉しかったと言う。 意味無くなんか無いよ、助けたいなら、今はまず動いてみてもいいんじゃないとちゆは言う。 ラビリンはメガビョーゲンに蝕まれたドローンを見つける。 今度のメガビョーゲンは空を飛べるんだとのどかは言う。 だから目撃情報もなくあんなに早くあちこち動けるのね。 目撃情報・・・ ひなたはスマホで目撃情報を調べる。 するとUFO騒ぎになっていて駅の北側に目撃情報があると・・・   行こう! うん <<スタート! プリキュア・オペレーション!>> エレメントレベル上昇ラピ!(ペエ!ニャ!) キュアタッチ!「キュン!」「キュン!」重なる二つの花 キュアグレース! ラビ! 「キュン!」 交わる二つの流れ キュアフォンテーヌ! ペエ! 「キュン!」 溶け合う二つの光! キュアスパークル! ニャ! 地球をお手当て! ヒーリングっど♥プリキュア!   どうだこの少しずつ広範囲を蝕むというこのグアイワル様の繊細かつ高度なテクニックは・・・  やっーと見つけたよ、メガビョーゲン 遅かったじゃないか今から、メガビョーゲンを浄化出来るのか? するよ絶対とキュアスパークルは言う。  ぷにシールド  早い  今だ 「キュン!」キュアスキャン! 雷のエレメントさんだ 雷が何、あたし雷なんて怖かったことなんてないんだからというキュアスパークル とにかく、あの動きを封じないとと・・・  氷のエレメント  ハァー   みんな!  トリプルハートチャージ! とどけ! いやしの! パワー! プリキュア・ヒーリングオアシス!  ヒーリングッバーイ・・・ お大事に  エレメントさんお手当が遅れてごめんね。 いいえ、ラテ様もおつらかったでしょう。 どうぞこれをお使いください 雷のエレメントボトルを貰う。 ひなたのお姉さんのカフェワゴンに行く。 ラテの具合が元に戻る。 静電気が起こらなくなって、車(カフェワゴン)から出られる。 ひなたのお姉さんがジュースをごちそうすると言う。 意味なくなんてないんだよね。 バテテモーダとかも全然いるけれど、でも、今あたしが頑張れば、みんなを助けられるだもんね。 意味無くなんかないんだよね。 ワン! みんな、お待たせ。                                                   






                            今回は、お兄さんではなく、ひなたのお父さん登場(獣医)やはり、お父さんもいたのですね。 お茶目なお父さんに反して、悩みを抱えたひなた。 巨大化したメガビョーゲンや「バテテモーダ」の出現に自信を喪失していました。 しかし、お姉さんを助けることで、自分の存在意義を確認出来たようでのどかやちゆ達も安心出来ましたね。 これで一安心、プリキュアの活躍によって、雷のエレメントボトルもゲット出来ました。 それから、身近なドローンやスマホのハイテク機器も取り入れてのお話も新鮮でした。





"ヒーリングっど♥プリキュア 第13回" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント